密かに自然なまつ毛を演出する。

 

 

キラッとしたマスカラよりも、はっきり言って、付けてないナチュラルな感じを演出することができる透明マスカラに注目が集まっています。

 

  • ナチュラルメイクが好き
  • マスカラを付けていると思われたくない
  • マスカラ自体があまり好きでない
  • マスカラをつけることができない

 

など、透明マスカラを選ぶ理由は様々あります。

透明だから、どれを選んでもそんなに大差ないんじゃないの?

 

 

ちゃんとメーカーもそこは差別化するために、いろいろと尖った工夫をしています。自分たちが作ったマスカラを選んでほしいですからね。

主に成分や演出効果に違いが出てきます。

どういったものが自分好みなのか、または自分にあっているのか、まずはどのようなタイプが存在するのか、知ることから始めてみましょうか。

 

 

まず、大きな違いは美容成分。

透明マスカラには、これが入っているものと、入っていないものに別れます。

美容成分配合タイプは、コラーゲン、ペプチド、ヒアルロン酸などがふくまれているものがあります。まつ毛を保護しながら、育ててくれるそんな優しい存在になるかと思われます。メイクをして、まつげの育毛にもなるということで、まつ毛を大事にしたい、痛んだまつ毛を修復したいなんて時には、美容成分入りの透明マスカラを使用するとよいでしょう。

 

また、美容成分の配合されていない普通の透明マスカラは、形式を整えたり見た目を艶やかにすることに重点が置かれたもの。

汗や水に強い防水加工、ウォータープルーフになっているものもあって、そういったものはベースとして使うこともできます。

 

 

そもそも透明マスカラ(クリアマスカラ)の使いみちがわからん

なんて意見もあるかと思います。冒頭でも書いたのですが、それ以外にも、マスカラの威力をより発揮させるためにカラーマスカラの下地として使ったり、トップコートとしても使えます。

 

 

 

自まつ毛を育てるためにオススメのまつげ美容液はこの1本